❏ こころに美味しい体にやさしい

 

心に美味しい珈琲

手を抜くことができない、上手に手を使うことができない

そのうえ人見知りな、そんな私たち

私たちは福祉施設の利用者として社会に出ていこうとしているけれど

 

私たちがおいしさを求めて丁寧に作り上げる珈琲

そんな珈琲を日本のどこかの誰かが買ってくれたなら

 

一人で歩いていける道

私たちがひとりだちできるような給付金が少しずつ生まれていく 

 

心に美味しい珈琲

珈琲を買ってくださる方達の暖かなやさしさが
私たちの一人立ちの礎

 

岩井屋という福祉施設の利用者さんたちは、手を抜くことができなかったり、極度の人見知りだったり、手や体の一部を上手に動かすことができなかったいりします。
しかしそんな彼らも社会に貢献したいと願う一人であり、彼らがいることもまた普通の社会なのだろうと私たち岩井屋は考えます。
だからこそ彼らが気持ち良く働ける環境を整え、美味しい珈琲の提供を通じて少しでもひとりだちできるような賃金を彼らに提供したい。
それが私岩井屋の願いなのです。
そんな想いを多くの人たちに共有していただきたいという祈りと、皆さんからいただく「優しさ」に答える「ありがとうの気持ち」を込めて、豊かな安らぎを感じていただける最高のスペシャリティ珈琲をお届けします。